CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

今回のイエモティーヌH・Kさん

都内外資系企業にてコピーライターとして活躍中のイエモティーヌ。
現在のマンションは、2002年12月に中古で購入。1ヶ月のリノベーション(改装)期間を経て翌年1月に入居したそう。

H・Kさん

ごきげんよう♪理想のおうちを探し求めて旅をしている“カラなし”カタツムリのマイ子です♡今回も自分好みのモチイエで暮らす、マイ子の憧れの“イエモティーヌ”様のお宅におジャマしちゃいますわ~。 本日のイエモティーヌ様は、11年半前に購入された中古マンションにお住まいのH・Kさん。おジャマしま~す!んまっ!な、なんですの、このオシャレすぎる空間は!?カワイイ小物や家具がたくさん置いてあるのに、広々としていますわ~。

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

いや~、すみません、モノが多すぎて…(苦笑)。この部屋は、元々2LDKだった間取りを“スケルトンリノベーション”して1LDKにしたんです。スケルトンリノベって、一度壁も床も全部取っ払って骨組みだけの状態にして、間取りも全部変えちゃうので、元々の部屋の原型をほとんどとどめてないんですよ。キッチンをどこに配置するかとか、床板の材質を何にするかとか、イチから業者さんと相談しながら、部屋を作りました。

ス、ス、スケルトンリノベ…!!(白目) お部屋作りなんて可愛らしいものじゃなく“大改造”の境地!
んまっ!床が赤色なのですね。これまたオシャレですわ~♡

これは自分で塗ったんですよ。昔、雑誌で好きなインテリア作家の家が紹介されていて、その床の色が赤だったんです。「これ、可愛いな~」と憧れちゃって。あと、トイレのドアは知人から譲り受けたものなんですけど、何層にも色が塗り重ねられていて、塗料を剥がしていった結果、今の味がある色に仕上がったんです。他にも、ベランダ側のサッシを二重窓にしたり。業者さんには、ある程度部屋の形を作ってもらって、細かい部分は自分で作業したところが多いですね。家具やインテリアは、ほとんど古道具屋さんで買ってきたものです。自分で言うのは恥ずかしいんですけど…「パリにある屋根裏のアトリエ風」の部屋にしたかったんです。

たしかに、物語の中に飛び込んだような感覚になりますわ~。
でも、サッシを二重にするなんて、そこらへんの女子にできることではありません! 手作りの度合いがプロのよう!

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

まあ、重労働でしたよ…(苦笑)。でも、元々自分でリフォームするのが好きで、前の賃貸の家の時からドアをペンキで塗ったり、壁にタイルを貼ったりしてたんですよ。その時の大家さんがとても柔軟な方で、「こんな風にしたいんですけど…?」とお願いすると、ある程度のことは許してくれたんです。でも、そこで味をしめて、「ここの壁を壊して窓を作りたいな」なんてことまで思うようになって(笑)。流石にそこまでは賃貸じゃできないから、「家を買って、好きなだけリフォームしたい」という思いが強くなりました。だから、この物件を探す時も、リフォームすることを前提で探し始めたんです。

でも、このおうちも最初に見た時は今の状態じゃなかったのですよね。
どうして、このおうちに決めたのですか?

物件を探し始めて、2~3件目でこのマンションを見たんですけど、その時の間取りを見ながら「あの壁を壊してリビングにして…」とか想像したら、自分が住みたい家にできそうだなと思ったんです。それに規模もそんなに大きくないし、ちょうど道の行き止まりに建っているから車や人の通りも少なくて静かだったのもポイントでしたね。でも、その時に見たのは今住んでいる4階の部屋ではなくて、下の2階の部屋なんです。一度は2階の部屋で購入を決めようとしたんですけど、金額の交渉が上手く行かず、買い損ねてしまったんですよ。その後、半年ぐらい他の物件を見て回ったんですけど、やっぱりこのマンション以上に惹かれる物件がなくて…。そんな時、不動産屋さんからこのマンションの4階が空いたという連絡が来たんです。で、行ってみると、4階のほうが晴れの日には富士山が見えるぐらい見晴らしがいいし、窓もたくさんあってすごく素敵だったんです。一度の内見で決めちゃいました。今は「あの時、2階を買い損ねたのは運命だったんだな」と思っていますね。

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

はわわ~♡紆余曲折あって理想のおうちに辿り着いたのですね! なんとドラマティック…!
でも、いざ購入となると、お金の面など大変なこともあったのでは……??

その前に住んでいた賃貸の家賃が9万円弱だったので、月々の返済はそのぐらいの金額で済むような物件にしようというのは、最初から考えていました。私は30代の前半でこのマンションを買っているんですけど、当時は仕事を何歳まで続けているかもわからないし…という気持ちもあったので、賃貸時代と比べて家にかけるお金がそんなに変わらないようにしようと思って。それで、余力がある分は貯金をしておいて、まとまったお金ができたら繰り上げ返済するようにしました。それもあって、元々は25年ローンで組んでいたんですけど、去年の12月に無事完済できたんですよ。

んま!予定の半分ほどの期間で完済!
計画的でありながらも、バンバン返していく気概、惚れ惚れしますわ♡

実は、完済の節目に10年前からずっと欲しかったソファを奮発して買ったんですよ。振り返ると、最初に家を買おうと思った時は、結婚する・しないに関係なく、「ずっとこの家に住むなら、やっぱり新築がいいのかな」「築年数の浅いものがいいのかな」とか迷いはしたんです。でも、リノベーションすることを考えると、新しいマンションはあんまりピンと来なくて…。それで、最終的には「10年間、ここで楽しく住めればいいや」というふうに割り切ったんです。自分の好きなように部屋を変えて楽しんで、その後のことは考えてもしょうがない、と思って。だから、一生住むって思ったら、築30年以上というスペックのこのマンションを買ってなかったと思います。

将来を見据えた上での潔い割り切り! たしかに、くよくよ悩むよりはその時やりたいことを優先した方がハッピーですもの。
では、その当時の決断は間違っていなかったと…??

元々この部屋でやりたいと思っていたことは、10年間であらかたやれたかなと。床の塗料は年月が経っていい具合にツヤが出てきているし、最初は少なかった観葉植物もだいぶ育って、緑に囲まれて暮らせているし、かなり居心地のいい部屋が作れているんじゃないかなと思います。

はわわ~。とっても素敵な10年を過ごされているのですね~。
やはり、家を購入されてからは生活の様子も変わったのですか?

休みの日に一日中家にいることが増えましたね。賃貸に住んでいる時は、別に用がなくても休日は外に繰り出したいという気持ちがすごくあったんですけど、今は家にいたいっていう気持ちが大きくて(笑)。喫茶店に行かなくても、家で豆から挽いたコーヒーを飲めば、満足できるし。あっ、そういえば、ウチは猫を飼ってるんですけど…

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

ほわわ!?ど、どこにいらっしゃるんですか?(キョロキョロ)

人見知りなので、どこかに隠れてると思います(笑)。夜、ソファに座ってテレビを見ながらゴロゴロしている時に、猫が足の上に乗っかってきた時なんかは、すごく幸せな気持ちになるんですよね。なかなか、そういうことをしてくれないんですけど(苦笑)。あと、家でクッションカバーを縫い物している時とか、窓枠のペンキを塗っている時とか、家のことをやっている時はやっぱり楽しいですね。

そんな愛着を持てる家をマイ子も見つけたいですわ~。

家を買うって、自分がどういうライフステージを思い描いているかに、すごく関係があると思います。やっぱり「マンションを買った」っていうだけで周りの人に「こいつ、一生ひとりで生きて行く気なんだな」って思われちゃう部分もありますけど、結婚するにしてもしないにしても、ある程度は自分の収入で暮らしていくという思いがあるなら、家を買って損はないと思いますよ。

vol.4 お部屋の大改造を楽しむイエモティーヌ

「一生ひとり」なんて、偏見もいいところですわ!
取材したイエモティーヌのみなさまも「何かあったら貸したり売ったりできるし」と仰る方ばかりでしたし。でも、パートナーの有無は関係なく、家を買うにはやっぱり“覚悟”が必要なのですね(キリッ)
将来のこと、お金のこと、モチイエのこと、今日もお勉強させていただきました!

はわぁ~、自分だけの空間を手作りされているイエモティーヌ様、すごく素敵でしたわ~。
どのインテリアもオシャレで、目がキラキラと輝きっぱなしでした!細かいところまで自らの手でやってらっしゃるからこそ、居心地の良いおうちになるのですね。マイ子も今のうちからペンキの塗り方を勉強しようかしら…♡
次に出会うイエモティーヌ様のおうちでは、どんな驚きがあるのか…次が待ちきれませんわ。ウフフ♡

モチイエ女子ナビ
PAGE TOP