CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

今回のイエモティーヌT・Sさん

都内外資系企業に勤めるイエモティーヌ。現在のマンションは、2010年9月に中古で購入。
3ヶ月のリノベーション(改装)期間を経て同年12月に入居したそう。

T・Sさん

ごきげんよう♪ワタクシの名前は須磨居マイ子。理想のおうちを求めて旅する“カラなし”カタツムリなのです。マイ子の憧れは、自分の理想がギュッとつまったモチイエで暮らす“イエモティーヌ”の皆様♡これから、イエモティーヌ様のおうちにジャンジャンおジャマして、その暮らしぶりとホンネにぐぐっと迫っちゃいますのでどうぞよろしくですわ。…え?マイ子の性別が気になるって?んま!どこからどう見ても麗しき乙女ですわよ?ウフフ。さて、記念すべき第一回目のイエモティーヌ様は、入居4年目のT・Sさん。おジャマしま〜す!はわぁ、なんて開放的なお部屋なのかしらー!

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

ここはもともと3LDKの物件だったんですけど、壁を取っ払って1LDKにしたんです。キッチンも、ドア付きの壁に囲まれた独立した造りだったのを、仕切りをなくしてオープンな空間にしました。間取り、フローリング、壁、天井、ドア…。ほとんどフルでリノベーションして、自分好みのデザインや材質のものに替えていますね。あ、窓だけは共用部分なので変えられないんですけどね。

フルリノベーション!(白目)
どうりでオシャレなわけなのです!!
んま!ダイニングのお隣は畳なのですね。はわぁ〜、落ち着きます…。

私、普段からよく着物を着るんですよ。お休みの日には着物で落語を観に行ったりもしていて。だからお部屋も、和風なテイストが入っているのが自分らしいのかなって。といっても、純和風よりは“和”と“北欧”のミックススタイルが好きなんですよね。「日本文化を誤解した外国人風」みたいな(笑)。なので、畳は“ヘリ”があるいかにも“和”な感じのものではなくて、正方形でヘリのない“琉球畳”を選んでみました。あとは、壁に欄間(ふすまの上などにある風通しをよくする格子)を飾ったり、お膳を重ねた上に花瓶を置いてみたりと、いろんなところに和を取り入れています。

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

玄関も和モダンな感じでスタイリッシュ〜!憧れちゃいます!!
でも…フルリノベーションってことは、購入を決めたときはこんな感じのお部屋じゃなかったのですよね?
この物件にビビビッと来たポイントはどこだったのですか?購入しようと思ったきっかけは??

私、20代の後半から5年間くらい海外に住んでいたんですけど、向こうの人って部屋を大胆にリノベして好きなように暮らしているんですよね。それがすごくうらやましくて。帰国してからもずっと賃貸だったんですけど、日本は釘一本打っちゃいけないカルチャーだし、もちろんペンキも塗れない…。それでだんだんフラストレーションが溜まってきて、「自由にリノベできる物件に住みたい!」って思って、マンションを買おうと思いました。あと、あんまり大きな声では言えないんですけど、当時38歳くらいで仕事がちょっとイヤになっていた時期でもあったので、「マンションを買えばローンを払うためにそうも言ってられなくなるかな」っていう、自分への負荷的な意味合いもありましたね(笑)

自分を鼓舞するためのマンション購入…!
なんという潔さ!!

いやいや(笑)。でも、一番の理由はリノベしたいということだったので、私の場合は、最初から新築の物件には興味がなくて、ネットで自由にリノベができる中古物件をいろいろと探し始めたんです。

それで、星の数ほどあるマンションの中からこのお部屋に出会ったのですね!
なんだか運命的です〜♡(瞳キラキラ)

そうなんですよね。実はこのマンション、一番最初に内見した物件なんですよ。6月のすごく暑い日に内見に来たんですけど、部屋中の窓を開けたら気持ちのいい風がピューって吹き抜けていって…。それで、ほとんど直感的に「ここがいいな」って思ったんです。でも、さすがに1軒目で決めるのはどうかなって何とか思いとどまったんですよ。いろんな本にも「大きな買い物だから1軒目で決めてはいけない」って書いてあるし(笑)。それで強制的に6〜7軒くらい見に行ったんですけど、やっぱりあの“風”が忘れられなくて、結局ここに決めました。

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

はわぁ〜、ロマンチック!
でもでも…、やっぱりマンションを買うとなると「この先、ずっとここに住み続けるのかしら」とか「結婚して家族が増えたらどうなっちゃうのかしら」とか、ついつい悩んでしまうのです…。

私は、もともと「この部屋に一生住む!」って覚悟を決めて買ったわけではないんですよね。もしまた海外に行くことになったり、家族の人数が変わったりしたら、誰かに貸したり売ったりして、そのときにベストな住み方ができればいいやっていう考えなので。

なるほど〜。もっとライトに考えればいいのですね!
でもでも…、「この先ローンを払い続けられるかしら」とかお金のことも心配になったり…。

私の場合は、月々のローンは今まで賃貸で支払っていた金額の3分の2程度の返済額なので、もしもこの先、何ヶ月か仕事を休まなければいけない状況になったとしても負担にならないかな、と。返せるときに繰り上げ返済をして、しっかり返していけばいいかなって思ってるんです。

今よりお家賃の負担が減って、こんなにステキなお部屋に住めるなんて…。
確かに賢い決断なのです!

ま、頭金は必要ですけどね。でもきっと、自分が好きなものを集めた部屋に住める贅沢って、一人暮らしならではだと思うんです。自分以外の人がいたら、インテリアの趣味も違ってくるだろうし。だから私は、先々のことを考えて買ったというよりは「今好きなように住みたい!」っていう気持ちで買ったっていうのが大きいんですよね。

はわわ♡スバらしいです!もっと“今”を大事にしたいですわ!でもこんなにステキなおうちだったら、引っ越したいなんて思わないかも。
いつもおうちにいるときは、どんなふうに過ごしているのですか?お気に入りの時間は?

料理が趣味なので、だいたいキッチンで何か作ってます。最近はよく、煮豆料理を作りますね。煮込んでる間は、読書をしたり畳の上でゴロゴロしたり…(笑)。お友達が来て、みんなでご飯を食べることもよくありますよ。あとは、部屋の壁を塗ったり、ベッドのヘッドボードを作り替えたり、DIYをしていることも多いですね。この前のお休みのときは、キッチンの壁に自分でマグネットペイントを塗って、さらに赤く仕上げました。

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

楽しそうですー!
でも、悲しきことにマイ子のセンスではこんなステキな仕上がりには到底及びません…(グスン)

そんなことないですよ!いいんですよ、失敗したらまたやり直せばいいんですから。壁取っちゃったけどやっぱりあった方がいいなって思ったら、もう1回建てればいいんです。自由に出来るのがマンションの楽しいところなんですから!賃貸だと、壁に釘を打ったり棚をつけたりできないから、物を床に置くか収納するかしか選択肢がないんですけど、自分のマンションなら壁にくっつけたり飾ったり、空間をたくさん使えるんです。そう考えると、いろんなDIYの発想が生まれて来るんですよ。

なるほどですわ!おうちをいじるとなるとついつい重く深刻に考えすぎてしまいがちだけど、自由に、好きなようにすればいいのよね!
そのほうが楽しいですもの。

ここに住んでもうすぐ4年経つんですけど、やりたいことは尽きないですね。
「これだ!」っていうアイデアが思いついて、すぐに実行できるときは本当に幸せです。
マンションを買ってよかったなって思う瞬間ですね。

自分のおうちをトコトン自分色に染められるのはイエモティーヌの特権なのよね〜。やっぱりイエモティーヌ様は、ワタクシの憧れだわぁ♡
マイ子も早く“カラなし”生活を卒業できるようにがんばらなくっちゃ!

vol.1 フルリノベなイエモティーヌ

はわぁ〜、とってもステキなおうちだったわ♡インテリアはもちろん、床も壁も天井までもこだわりのお部屋なのに、とっても軽やかに住んでらしたのが印象的!アイデア次第で思い立ったらパッとDIYしちゃう自由さ、憧れますわ~。それにしても、一番最初に出会った物件と運命の出会いなんて…マイ子の理想のお部屋も、案外近くにいるのかも!ウフフ。次はどんなイエモティーヌ様と出会えるのか、今から楽しみなのです♡
ホワワ~ン……

モチイエ女子ナビ
PAGE TOP