CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

お知らせ

モチイエ女子webにて、エッセイなど多数寄稿いただきました 雨宮まみさんがご逝去されました。心からお悔やみを申し上げます。 感謝と哀悼の意を込めまして、これまでの雨宮さんの作品、およびご出演いただいたコンテンツは、このまま掲載させていただきます。 どうか、ご愛読いただけますと幸いです。

理想の部屋まで何マイル? 特別編  Vol.0

「モチイエ」まで、何マイル!?

「モチイエ女子」というサイトに連載を持つことになって、ずっと、ほんの少し気に病んでいたことがある。それは、「私、家持ってないし、持とうと思ったこともないし、たぶんこの先も持てないと思うんですけど!?」ということである。
正直、マンションであれ一軒家であれ「自分の家を買う」ことは、自分にとってはとても遠いことだった。私の仕事がフリーランスでローンが組みにくいという現状もあるが、まず頭に浮かぶのは「でも、お高いんでしょう?」ということだ。都内に住んでいて、家賃だけでもたいした金額なのに、買うとなればいったいいくらかかるのか。気が遠くなりそうだ。

「賃貸に家賃を払い続けるくらいなら、家を買ってローンを払ったほうがいい」という考え方もある。それもそうだと思い、出来心で中古物件を内見してみたこともある。そのときの感想は「全財産突っ込んで、ローン組んで、手に入る家がこんなにしょぼいのか……」だった。紹介してもらった家が悪かったのだろうが、このとき、持ち家への野望にかなりの量(イメージではタライ一杯程度)の氷水をぶっかけられたと言っていい。

理想の部屋まで何マイル? 特別編  Vol.0

東京に住む時点で、広い家に住むことも、理想の家に住むことも、「お金持ちじゃなきゃ無理なんだ」と、どこかで諦めているところがあった。そういうのは、選ばれた人がやること、上の階級の人がやることで、自分には関係ないんだと思って、考えないようにしていた。

ところが最近、友達が家を探し始めた。その様子がSNSで流れてくるのだが、楽しそうなのである。ひと昔前までは、「独身の女がマンションを買う」というと、「あー、ついに結婚諦めちゃったんだ」という哀れみの目を向けられる風潮があった。しかし、彼女の家探しにそんな目を向ける余地はなかった。はっきりと好みがあり、自分の好きな家を探して、好きなふうにリノベーションして、好きに住むんだというきらめく意志のほかに何もなかった。うらやましさしか感じなかった。もしもそこに哀れみの視線を向ける人がいたら、私は笑ってしまったと思う。「え、人生に結婚しか幸せなことってないんですか?」って。だいたい家を持つというのは、財産を持つということでもあるのだから、もし誰かと住むような事態になれば、貸すなり売るなりも可能なのである。

理想の部屋まで何マイル? 特別編  Vol.0

とはいえ、いざ自分の身に引き寄せて考えてみると、いったいどのような家に住みたいのか、はっきりしたビジョンが見えてこない。そんなに広くなくてもいいが、その「そんなに広くない」はどのくらいの面積なのだろうか。どのエリアで探したいのか。譲れない条件は何なのか。いくらぐらいの物件なら、視野に入るのか。
……私は、ひとつもまともに答えられない。家を持つことを考えたことのない人は、ほとんどそうなのではないだろうか。

家を買うにしても、買わないにしても、自分が求めているのはどんな部屋なのか、どんな環境なのか考えておかなければ、もし買える状況になっても、理想の部屋になんて巡り会えるわけがない。
そして、もし、自分にも買える家があるとしたら……?

理想の部屋まで何マイル? 特別編  Vol.0

私は俄然、「売り物件」というものに対し、興味がわいてきた。どのくらいのお値段のものが、どういう感じなのか。相場がわかれば身の丈もわかってくるはずだ。
「もしかしたら、持ち家は夢じゃないのかもしれない」。
そう考えて、物件を見てみたり、実際に買う場合にどんなことを考えればいいのか知ってみたいと思った。
この特別編連載では、そうした取材をもとに、持ち家へのイメージを私と一緒に膨らませてもらえればと思う。

文=雨宮まみ

雨宮まみ

ライター。編集者を経てフリーのライターになり、女性としての自意識に向き合った自伝的エッセイ『女子をこじらせて』(ポット出版)を上梓、「こじらせ女子」が2013年度の新語・流行語大賞にノミネートされる。 著書に、対談集『だって、女子だもん!!』(ポット出版)、『ずっと独身でいるつもり?』(ベストセラーズ)、『女の子よ銃を取れ』(平凡社)など。

プロフィール写真=松沢寫眞事務所

PAGE TOP