CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

Episode.5 サラダボウルを一人占め、な物件。 feat. パークリュクス大阪京町堀

「ミカちゃんもとうとう結婚か。いやぁ、めでたい!」
「けど、来月から会われへんのは寂しいなぁ」

同期の寿退社が決まり、今日は同じ部署の人達で送別会。食品メーカーに入社して早5年。同い年の27歳組の中では、ミカが結婚一番乗りだ。 引っ込み思案な私と、上司にもズバズバとツッコミを入れるミカは正反対のタイプ。でも、なぜか気が合いコンビを組んで仕事をすることも多かった。

「しかし、メグミちゃんより先にミカが嫁にいくとはなぁ。いい嫁タイプは絶対メグミちゃんやのに」
「ちょっと課長、それどういう意味ですかー!? セクハラで訴えますよ(笑)」
「おぉ怖っ! かかあ天下決定やな。
でもやっぱり、嫁にするならメグミちゃんみたいな三歩下がってついてきてくれそうな子がええよな」
「僕も! ほら、見てくださいよ。今だって手際よくサラダ取り分けてくれて」
「ホンマですよね。私だって、できるもんならメグミを嫁にもらいたいわぁ(笑)」

最後の小皿にプチトマトをおまけしながら、私は「またか」と思いつつ笑顔を作る。飲み会でちょこまかと動いていると、決まって「嫁にしたいタイプだ」「いい嫁になる」と太鼓判を押される。ここまでがいつもの“お約束”だ。

確かに私は、先頭に立ってみんなを引っぱるよりも、リーダーをサポートする方が好きだ。プレゼンをするよりも、プレゼンをする人が話しやすい資料を作ることの方が性に合っていると思う。それを“いい嫁気質だ”というのなら、そうかもしれない。私はただ、自分のサポートでプロジェクトがうまく進むことにやりがいを感じているだけなのだけれど…。

そんな内面に加え、「コシが強くてパーマはかかりにくい」とどこの美容室でも言われる黒髪のストレートヘアと奥二重の顔立ちが、より一層“いい嫁感”を印象づけてしまっているらしい。好きで着ている清楚系の服も、「気配りができる控えめないいコ」というキャラを決定的なものにしているのかもしれない。

「いい嫁って、なぁ……」

***

水曜日。
定時までに仕事を済ませた私は、足早にエレベーターホールに向かった。「習い事にでも行かはるんですか?」という総務課の人の問いかけを曖昧にかわして、御堂筋線に乗り「本町駅」で電車を降りる。

私の目的は、お料理教室でも華道教室でもない。「オムライス」だ。今日は朝から「夜ゴハンは絶対にオムライスを食べる!」と決めていた。京町堀と呼ばれるこの辺は、おいしいお店が多く、最近の私のお気に入りエリアなのだ。

「本間さんは毎日、自炊してるんやろ?」
「ひとり焼肉とか、ひとりラーメンとか、絶対せぇへんタイプやんな」

とよく言われるけど、平日の夜に自分のためだけに毎日料理を作るなんて、とてもじゃないけど気力が続かない。それに、私の趣味は食べ歩きで、外観の雰囲気で「おいしそう!」と感じたら、どんなお店でもひとりで入ってしまう。食に対するどん欲さは、自分でも驚くほどだ。

週末は、平日に食べた「おいしいものたち」を自宅のアパートで再現して「あれが足りない」「次はこれを加えてみよう」と試行錯誤するのが何よりの楽しみ。最近、再現性が高くなってきているのが密かな自慢だ。

「ん〜、んまいっ!」

半熟加減が芸術的なオムライスをほおばりながら、頭の中で味を探索する。今度の週末に再現するのは、このオムライスで決まりだ。

私が食べることに興味を持ったきっかけは、多分『ぐりとぐら』の絵本ではないかと思う。幼稚園の頃、絵本の中に出てきたフライパンいっぱいの大きなパンケーキを見た時の衝撃は、今も忘れられない。その後も、『赤毛のアン』や『大草原の小さな家』に出てくるお菓子やお料理を見ては「作ってほしい」と母に懇願していた。私が食品メーカーを就職先に選んだのも、そんな食への探究心からだ。

「ごちそうさまでした」

小さな洋食店を出て駅までの道をブラブラと歩いていると、キュンとするお店ばかりが目に留まる。京町堀、恐るべし…。お腹がいっぱいなのに「美味しそう!」と思うのは、お店のレベルが高いのか、私の食い意地がすごいのか。

そんなことを考えながら歩いていると、目の前に建設中のマンションが見えた。

「ここに住めたらええなぁ…。おいしいお店、行き放題やん」

ふとよぎった心の声は、「いやいや、私の給料でマンション買うとかないやろ(笑)。しかも独身やし」というツッコミにかき消された。

「さ、帰ろ帰ろ!」

私は小さく息を吐き、郊外のアパートに向かう電車に乗り込んだ。

***

「かんぱーい!」

ミカの出社が最後の日。たまたま同期5人の予定が合い、急遽お祝いを兼ねた同期会をすることになった。お店を予約したのは、バリッバリの体育会系男子。正直、食のセンスには期待していなかったのだけれど…。

「予約できたよ」とメールで送られてきたのは、私のお気に入りエリア、京町堀にあるイタリアン!

ホームページの写真を見た時から確信してはいたけど、一品目のサラダボウルが運ばれてきた瞬間「大当たりや!」と心の中でガッツポーズをした。

パルミジャーノたっぷりのグリーンサラダは、見ただけでシャキシャキ感が伝わってくるほどみずみずしい。
(葉ものがしなってしまう前に…!!) そんな思いでトングに手を伸ばすと、

「お、メグミちゃんは相変わらず気が利くね〜」

と、冷やかしの声が飛ぶ。
(私はただ、おいしいものをおいしいうちに食べたいっていう“食いしん坊精神”で動いてるだけなんやけどなぁ)

「メグミちゃん、マジで嫁にしたいわぁ」
「毎朝、お味噌汁作ってほしい〜」
「『あなた、先にサラダ食べて待ってて』とか言われながらビール注がれたい〜」
(サラダはできたてを食べるのが一番や。旦那にビール注ぐヒマあったら、とっとと自分で食べるわ)

おかんまがいの“いい嫁”像に腹を立てるほど子どもじゃないけれど、ここまで言われると、勝手に作り上げられたイメージをパッとひっくり返したくもなる。

……取り皿の数を確認している手を止め、ふと手元の美味しそうなサラダボウルに視線を落とした。

(今、アタシがこのサラダボウルをひとりで抱えてむしゃむしゃ食べ始めたら、みんなどんな顔するんやろ?)

口をあんぐりと開けて私を見つめるみんなの顔が、一瞬頭に浮かんで消えたーー。

「今日はありがとう! 会社辞めてもまた遊んでな」 「ミカ、元気でがんばれよ」 送別会という名の飲み会は大いに盛り上がり、気づけば終電ギリギリの時間。

「家まで送ろか?」というお誘いを丁重にお断りして、ダッシュで電車に駆け込んだ。間一髪で閉まったドアの窓ガラスに自分の姿が映る。

(まぁ確かに、大人しそうで旦那を立てる奥さんになりそうな見た目ではあるな、我ながら)
自嘲気味にそう思ったとき、なぜかふとあのマンションのことが頭をよぎった。

「私の家、あそこのマンションやから歩いて帰るわ。じゃ、おやすみなさい〜」

そういって颯爽と帰っていったら、みんな度肝抜かれるやろなぁ。マンション買うなんて大胆な決断、“いい嫁”のイメージにはないもんな。

対抗心とも違う、なんとも言えない意地っ張りな気持ちが私の心に広がる。スマホを取り出し、あのマンションを検索してみる。

※1 パークリュクス大阪京町堀モデルルームBLタイプ 洋室 ※2 外観完成予想図

ファミリー向けだとばかり思っていたマンションの間取りは、意外にも単身者向けでコンパクト。しかも、ホームページに記載されている月々の返済額は、今の家賃とほとんど変わらない。女性スタッフによる「はじめてのマンション購入相談会」(女性限定・予約制)なんてものも開催しているらしい。

(独身の女の人がマンション買うのって、実は意外とハードル低いんかな……?)

***

翌週の仕事帰り。
「平日は夜7時まで営業」という文字に背中を押されて、モデルルームの見学に来てしまった。

チラっと見るだけ…。そうそう、帰りに前から気になっていたカフェに寄っていこう。モデルルームはそのついで…。
そんな口実を心の中で繰り返しながら、モデルルームに足を踏み入れた。

※3 パークリュクス大阪京町堀モデルルームBLタイプパウダールーム ※4 パークリュクス大阪京町堀モデルルーム BLタイプ浴室

「うわぁ、めっちゃキレイ!こんなおっきな洗面台があるんや。しかも、お風呂は追い炊き機能と浴室乾燥機付きやん!!」
「こっちは憧れのウォークインクロゼットや〜。ええなぁ」

サイトで見ていた1Kタイプのお部屋に入ると、夢物語だと思っていたマンション購入が急に現実味をおびる。
広さは今住んでいるアパートとさほど変わらないけれど、設備は段違いだ。

「ここって月々どれくらい払えば住めますか? 私でも買えますか?」

案内してくれたのが女性のスタッフさんだということもあり、つい親近感がわいて単刀直入に質問してしまう。

「ローンの組み方にもよりますけど、月々4万円台*で購入する方もいらっしゃいますよ」
「それホンマなんですね。そしたら、今の家賃より安くなるかもしれんし。私、この辺りの街の雰囲気が大好きなんです。美味しそうなお店もたくさんあるし、歩いてるだけで幸せな気持ちになって…」
「わかります! この辺はホントいいですよね。実は私もこの近所に住んでるんですけど、オシャレなカフェとかレストランだけではなくて、スーパーとかコンビニとかクリニックとか、生活に必要な施設は全部近くにある(※11)のでホンマに便利なんですよ」

(左から時計回り)※5 BIO-RAL靭店徒歩8分(約580m)※6 LIFE土佐堀店徒歩6分(約450m)※7 ノムラクリーニング靭本町店徒歩9分(約720m)

「実際に住んでる人の話が聞けて、めっちゃ参考になります! ここなら会社からも近いし、通勤もラクになりそやなぁ」
「それから、近くには靭公園がありまして、都会なのに緑豊かで住みやすいのもいいんですよ。あと、セキュリティがしっかりしていますから、一人暮らしの女性にはホンマにオススメです!!」

(左から時計回り)※8 靱公園徒歩2分(約130m)※9 現地周辺(約400m)※10 飛行船スタイルショップ徒歩6分(約450m)

気さくなスタッフさんとワイワイ盛り上がりながらのモデルルーム見学は、緊張していた私の心を解きほぐしてくれた。

ただの空想だと思っていた京町堀でのマンション生活が、今はリアルに想像できる。何の根拠もなくてよくわからない“いい嫁”な未来より、私には、マンションを買う未来の方がはるかに現実的に思えた。

モデルルームからの帰り道。駅まで伸びる道を右折して、私は見覚えのあるイタリアンレストランのドアを勢いよく押した。この前、同期のみんなで来たお店だ。窓際の席に座り、私はすぐに注文をした。

「本日のオススメパスタと…この、パルミジャーノのグリーンサラダください!」
「このサラダ、おひとり様だと結構ボリュームありますけど…」
「大丈夫です。この間、みんなでシェアして食べたらめっちゃ美味しかったんで、今日は一人占めしたくて来たんです」

店員さんは、一瞬、驚いた顔をしたけれど、厨房にオーダーを伝える声はとても嬉しそうだった。

私は、パルミジャーノたっぷりのサラダを思いっきり頬張った。チーズのコクとルッコラのフレッシュな香りが口いっぱいに広がる。

この街での新しい生活と同期達の驚く顔を想像すると、ちょっとだけ窮屈に感じていた日常がフワリと広がった気がした。

今回紹介したマンション

パークリュクス大阪京町堀

大阪初のパークリュクス、1K~1LDKの資産形成型コンパクトレジデンス。
地下鉄御堂筋線「本町」駅徒歩10分、7駅5路線のマルチアクセス。
この物件サイトを見てみる >>

※1※3※4 掲載の写真は(BLタイプ)を平成29年7月に撮影したものです。一部有償オプションが含まれます。オプションの申込みには期限があります。住戸により仕様・形状が異なる場合があります。家具・調度品等は販売価格には含まれません。
※2 掲載の外観完成予想図は設計図を基に描き起こしたもので実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また、敷地周囲の電柱、標識、ガードレール等につきましても再現しておりません。この完成予想図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。共用部の利用については管理規約に従っていただきます。予めご了承ください。
※5※6※7※8※9※10 表示距離については現地からの地図上の距離を、徒歩分数表示については1分=80mで計算(端数切り上げ)したものです。掲載の写真は平成29年2月、4月に撮影。
※11 Cuccagna(約90m) Louloutte(約110m) ファミリーマート江戸堀二丁目店(約190m) 永田医院(約140m)

* ■ご返済例/BRtype 405号室 予定販売価格1,898万円:月々返済(年12回)当初49,691円、ボーナス返済0円。頭金0円、借入金1,890万円、借入期間35年でご購入の場合。
■提携ローンのご案内●提携金融機関/りそな銀行●販売価格に対する融資限度額の割合/100%まで融資可能●融資限度額/50万円以上1億円以内(10万円単位)●返済期間/1年以上35年以内(1ヶ月単位)●年利率/0.575%(変動金利、全期間店頭金利2.475%より▲1.9%優遇)
※一定の条件があります。※金融機関・保証会社は当社の指定となります。金融情勢の変化・金融機関等により、金利・諸経費等のご利用条件が変更となる場合がございます。
◆手付金として189.8万円(物件価格の10%相当額)を契約時にお支払いいただきます。◆物件価格とは別途諸費用がかかります。◆ローン実行額により、残代金支払い時に余剰金が発生する場合は諸費用へ充当し、更に残余がある場合は、お引渡し以降に返金いたします。
※審査の結果によってはご希望に添いかねる場合がありますのでご了承ください。※上記内容は2018年2月時点のものです。

Recommended もっとマンションを見てみたいと思ったら… おすすめ物件 女性ならではの視点で、おすすめポイントを分かりやすく紹介します。
PAGE TOP