CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

Episode.4 Home Townを探して、な物件。 feat. パークシティ武蔵小山 ザ タワー

「ただいま」
ワンワン♪

金曜の夜。珍しく仕事が早く終わって帰宅した私を、愛犬のミミが全力でお出迎えしてくれる。

「待っててくれたの。一緒にご飯食べようね」

黒いトイプードルのミミと暮らし始めて1年半。今では、ミミとの散歩の時間が私の唯一の息抜きになっている。
大手製薬会社の研究職に就いて早15年。やりがいはあるけれど、正直、行き詰まったり落ち込んだりすることも多い。そんな私のグチや悩みをすべて聞いてくれるミミは、私にとってかけがえのない相棒だ。

穏やかな夕食を済ませ、ふとテレビを観ると魔女の女の子が主人公のアニメ映画が流れていた。

「そういえば、ちゃんと観るのって何年ぶりだろう?」

そんなことを思いながら何気なく見始めたのだけれど…

「う…うぅ……ずずっ…(涙)」

親元を離れて遠い街でがんばる女の子の姿に、自分でもびっくりするくらいに涙が溢れ出す。

「子供の頃は気づかなかったけど、これって女の子の成長物語なんだ」
「そういえば私のお父さんとお母さんも、大学進学で親元を離れるって決めたとき、私を信じて背中を押してくれたなぁ」

映画に刺激され、自分が実家を出た日の光景が鮮明によみがえる。「はい、いってらっしゃい」と、近所に遊びにいくときと同じ口調で送り出してくれた父。その後ろで、心配そうに、でも明るく微笑んでくれた母…。そんな両親に心配をかけないようにと、ひたすらマジメに仕事に取り組んできた。30代も半ばを過ぎ、ようやく最近、自分のペースがつかめてきた気がする。

クゥン、クゥン。

ポタポタと涙を落とす私を、「どうしたの?」と心配そうな瞳でミミが見上げる。

「ありがとう。大丈夫だよー!」

ミミの気持ちがうれしくて、思わずギューッと抱きかかえる。温かくて柔らかい幸せがじんわりと広がっていくのを感じながら、「思い切って家族を増やしてよかった」と心から思う。

「『落ち込むこともあるけれど、私この街が好きです』、かぁ・・・」

ペット可の物件を探して引っ越して来たこの街は、オフィスビルが多くてなんとも殺風景だ。1年以上住んでいるのに、行きつけのお店はなかなかできず「自分はこの街に馴染めていないな」と思う。商店街や公園もなく、ミミとの散歩コースはいつも似たり寄ったりになってしまうのも寂しい。

「好きな街…ねぇ」

そうつぶやいた時、ふと学生時代に過ごしていた武蔵小山の風景が思い浮かんだ。

武蔵小山商店街パルム(約100m)(2016年10月撮影)

いつも活気があるパルム商店街、味のある居酒屋、遅くまでやっているスーパー、林試の森公園…。大学生の私にはちょっと贅沢なエリアで、当時は両親に家賃の援助をしてもらっていたけれど、今なら自力で生活していける。ミミと一緒にいろんなところをお散歩するのも楽しそうだ。

林試の森公園(約500m)(2016年10月・11月、2017年4月撮影)

「和菓子屋のおばちゃん、どうしてるかな」
「そういえば、いつも室外機の上でひなたぼっこしてたふとっちょのネコさん、まだ元気かな。ミミと対面したら…案外仲良くなっちゃうかも(笑)」

あの街の風、匂い、日差し、人…。もう、離れてから15年近く経つのに、思い出すだけでこんなにもあったかい気持ちになれるのはなぜだろう。

***

その日以来、武蔵小山のマンションを検索するのが私の日課になった。でも、「ペット可」となると、駅から離れていたり家賃が高かったりとなかなかピンとくるものが見つからない。ステキだなと思った物件もあったけれど、賃貸ではなく分譲マンションだった。

「そんなにうまくはいかないか」

最後の一口になったサンドウィッチをほおばり、遅い昼食を済ませたとき、ピロン♪とタイミングよくメールの通知音が鳴った。

「あ、お父さんだ。フフッ『元気にしてまさか?』って…打ち間違えてるし(笑)」

メールには、実家で飼っているラブラドールレトリバーのハッピーが、お腹を見せて気持ちよさそうに眠っている写真が添付されていて、思わず一人でニヤけてしまう。返信をしようとしたとき、「山下さん!こっちお願いできる?」とお呼びがかかり、緩んだ気持ちが引き締まる。今、取り組んでいる実験はいよいよ大詰め。今日も帰りは遅くなりそうだ。

「もしもし、お父さん? 遅い時間にごめんね。うん、今帰ってきたの。私もミミも元気だよ。仕事も順調。ハッピーも元気そうだね(笑)」

ケータイを片手に冷蔵庫から飲み物を取り出していると、「私もしゃべりたいっ!」と言わんばかりにミミがピョンピョンとジャンプをしてアピールしてくる。

「最近はどうだ?」

23時近くに電話をかけてきた娘にも、いつもと変わらないトーンで問いかけてくれる父に、「武蔵小山でペット可の物件を探しているけど、なかなかいいのがなくって」と、つい本音を打ち明けてしまう。

「分譲なら駅前にいい物件があるんだけどね。思い切って買っちゃおうかな!? なんてね(笑)」
「うん。いいんじゃないか」
「…えええ!?」
「ちょうど昨日、老後の資産活用セミナーに行ってきたところなんだ。聞いた話だと、住宅取得等資金の非課税制度*があるそうなんだ。だから、優子が欲しいと思うマンションがあるなら、今のタイミングでの贈与っていうのも良いかと思ってね」

住宅取得等資金の非課税制度とは?

* 直系尊属である両親、祖父母などから住宅取得資金として贈与を受けた場合に一定の金額が非課税となる制度です。
* 契約の締結期間に限りがあり、契約の締結時期、購入物件の消費税税率、その他条件によって、非課税の限度額が異なります。
* 建物の登記簿面積がが50㎡以上240㎡以下の住戸が対象となります。
* 贈与の翌年3月15日までに住戸の引き渡しを受け、同日までに居住していること、または居住することが確実であると見込まれることが必要です。その他所得金額や、年齢などに制限があります。
* 平成21年分から平成28年までの贈与税の申告でこの制度を利用している方は、利用できません。
* 贈与の翌年2月1日より3月15日までに最寄の税務署に贈与税の申告を行う必要があります。
* 上記の他にも適用要件があります。詳細はご自身でご確認下さい。

父は昔から、どこかひょうひょうとしていて、突拍子もないことをサラリと言うタイプだった。気になることはとことん調べる性格で、普段はマイペースだけれど興味を持ったことには大胆で決断も早い。「優ちゃんとお父さんは性格がソックリね」とよく母に言われていて自覚もあったけれど、さすがの私も今回ばかりは想像もしなかった展開に驚いてしまう。

「いやいや、でもさ、娘が結婚もしないでマンションを買うとか、お父さん心配になったりしないの?」
「なんで父さんが心配するんだよ。進学も仕事も、お前はちゃんと自分で選んだ道でしっかり頑張ってるだろ? 結婚だって、優子がしたいと思えばするんだろうし、親が口をはさむことじゃない。元気なうちに、やれることをやってあげないとな(笑)」
「お父さん……」

父の大きな愛情に触れ、思わず声が震えてしまう。ミミが心配そうに私の頬をペロペロとなめる。

「…っていうか、お父さん『元気にしてまさか』ってなによ(笑)。仕事中に思わず吹き出しちゃったんだけど」

涙声がバレないように、わざと明るく父を茶化すと

「フリック入力を練習中なんだ。すまん」

と、なんとも父らしい答えが返ってきて、それさえも私の心をジーンとさせた。

※外観完成予想CG

父と電話をした夜、私の心は決まった。
ネットで見つけてずっと気になっていた武蔵小山の分譲マンションにモデルルームの見学予約を入れ、その週末、すぐに見に行くことにしたのだ。

「フフッ、私やっぱりお父さんの娘だな」

自分の行動力に思わず笑ってしまう。
新築の分譲マンションで、モデルルームは実際の建設地から少し離れた大崎にあるらしい。

「せっかくだし、久しぶりに武蔵小山に行ってみますか!」

見学予約を午後にして、日曜日の午前中、私は10年以上ぶりに武蔵小山を訪ねることにした。

「うわぁ、懐かしい…!」

再開発が進み、私が住んでいた頃にはなかったオシャレなお店もたくさん増えて、これからますます活気づいていきそうなエネルギーに満ちている。でも、通い慣れた商店街やこの街ならではの温かな空気感は昔のままだ。

「この街」の温かさ。

このぬくもりが懐かしくて、私の胸をギューッと締め付ける。あぁ、なんだか涙が出てしまいそう。

気軽に入れるチェーンのコーヒー店も、豆にこだわっていそうなこじんまりとしたコーヒー店も、両方あって両方ともがにぎわっている。うまくいえないけれど、こういう街の雰囲気に私は惹かれているのだと思う。

大通りも路地裏もいろんな表情を持つこの街なら、ミミとのお散歩コースにも困ることはなさそうだ。

ぶらぶらと歩いていると「天然温泉」と書かれたのぼりが立つ銭湯が見えてきた。

「懐かしい! アパートのお風呂じゃ物足りなくて、週末によく来てたなぁ」

1月の冷えた体が「温泉に入りたい」とささやくけれど、今日のところは我慢。モデルルームの見学時間が迫っている。

「また帰ってくるからね」

そんな言葉が自然と浮かんで、思わず笑みがこぼれる。これからの決断に、もはや確信めいた気持ちがある証拠かもしれない。

パークシティ武蔵小山ザ タワー レジデンシャルサロン(2017年10月撮影)

浮かれた気分のままモデルルームのある建物に入ると、中は木目調のオシャレなカフェのような空間。一瞬、地図を見間違えたのかと心配になったけれど、女性のスタッフの方が優しく応対してくれて、ここが目的の場所だったのだと安心する。

早速、中に入ると大きなタワーマンションの模型が! さっき歩いて来た武蔵小山の駅がすぐ目の前にあるなんて…! タワーを見上げながら街での生活をイメージしていると、照明が落ちプロジェクションマッピングが始まった。

マンションと駅前をつなぐ空間には、人が集まる広場があり、笑い声や優しい生活感が広がる。マンションの隣接部分には商業施設が入り、利便性は抜群だ。

※ザ プラザ(広場)完成予想CG

美しいプロジェクションマッピングでチョウチョの群がマンションを舞い上がって行く。その様子を目で追いながら、ここで暮らす自分を想像する。……うん、幸せだ。

このあと、広々としたグランドエントランスホールや、フィットネスルーム、カフェのテラスのようなガーデンラウンジなど、マンションの設備について知れば知るほど、私の決意は固まっていった。なんといってもうれしいのは、ホテル顔負けのゲストルームがあること! お父さんとお母さんを呼んだら、きっと喜んでくれるに違いない。

※ゲストスイート完成予想CG

今の私にはちょっとぜいたくな暮らしかもしれない。でも、人生がガラリと変わる幸せな決断だ。広めの間取りなら、お留守番をするミミも伸び伸びと暮らしていける。

「ただいま」

帰宅して玄関を開けてそうつぶやいたとき、少しだけ違和感を覚えた自分がいた。もしかして、私が本当に「ただいま」を言いたい街は、もうここではないのかもしれない。

「帰りたいな、早く」。

そんなふうに思える街が私にもできたんだ。地元を離れて20年。やっと生きる居場所を見つけられた気がして、なんだか心がくすぐったい。

キャンキャン♪

「よーし、お散歩に行きますか!」

ミミを連れて玄関を出る。オフィスビルのガラスに映った私は、偶然にも黒いワンピースで黒いトイプードルを連れている。

「フフッ、なんだかあのアニメの旅立ちシーンみたい」

ワンワン♪

いつものお散歩コースを歩きながら、映画の主題歌を口ずさむ。

「私、あの街が好きです」。

今回紹介したマンション

パークホームズ丸の内ザレジデンス

東急目黒線・急行停車駅「武蔵小山」駅徒歩1分、「目黒」駅まで1駅3分。
総戸数628戸、地上41階建免震タワーマンション
商店街・林試の森公園など豊かな住環境。
この物件サイトを見てみる >>

※1 掲載の外観完成予想CGは、現地より約700m離れた高さ約30mから撮影(平成29年4月)した写真に、計画段階の図面を基に描いた外観完成予想CGを合成し、CG処理を施したもので、形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。
※2 掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。外観形状の細部・設備機器等につきましては表現しておりません。表現されている植栽は初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。施工上の都合により、設定位置・樹高・本数等変更になる場合があります。また、共用部の家具・調度品・備品等は変更になる場合があります。敷地内および建物内には、店舗、公共施設などの看板等が設置されます(設置場所・形状などは未定)
※3※4 掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。外観形状の細部・設備機器等につきましては表現しておりません。表現されている植栽は初期の育成期間を経た状態のものを想定して描いており、竣工時は植物の育成を見込んで必要な間隔をとって植えております。また、共用部の家具・調度品・備品等は変更になる場合があります。共用施設の使用にあたっては、管理規約等に従っていただきます。一部施設およびサービスのご利用は予約制・有料となります。
※ パークシティ武蔵小山 ザ タワーは高層棟部分についての名称となります。

Recommended もっとマンションを見てみたいと思ったら… おすすめ物件 女性ならではの視点で、おすすめポイントを分かりやすく紹介します。
PAGE TOP