CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

敏腕営業マン・伊達さんが教える 不動産購入 基礎知識編

攻略法1 マンションギャラリーがアミューズメントパーク化…?

攻略法1 マンションギャラリーがアミューズメントパーク化…?

天井まである巨大模型、オリジナルのショートドラマやアニメ、3D映像…最近のマンションギャラリーはエンタメとしてもレベルが高いんです。私たちは、色んなマンションギャラリーを転々とするんですけど、いつも次はどんなシカケがあるのかしら、ってワクワクしています。高級マンションのマンションギャラリーだと作りも豪華で、ちょっとしたセレブ気分を味わえちゃったり!
マンションにご興味がおありなら、ぜひ勇気を出して一度訪れてみてください。お待ちしております!

攻略法2 モデルルームはイイトコドリルーム?!

攻略法2 モデルルームはイイトコドリルーム?!

モデルルームは「こんなことできます!」のイイトコドリなので、いろんなオプションが採用されています。裏を返すとモデルルームをみて夢を膨らませすぎるのは要注意。
ここだけの話ですが、モデルルームはお客様の気持ちを盛り上げるような仕掛けがいっぱいあるわけで…、自分が購入するお部屋と、どこが違って、どこは同じなのか、冷静にチェックしてくださいね。

攻略法3 収納だけは妥協するべからず。

攻略法3 収納だけは妥協するべからず。

おうちをえらぶ上で、収納だけは絶対に絶対に妥協してはいけません!特に、靴とカバンは、自分が持っている量をイメージして収納を確認すべきですよ。 やっぱりウォークインクロゼットやシューズインクロゼットがあるのは、分譲マンションならではですよね。特にシューズインクロゼットは、大量の靴がしまえるのはもちろんのこと、スーツケースやゴルフバックなんかまで置けちゃうみたいです。

攻略法4 共用スペースを賢く使え! マンションならではの施設にご注目。

攻略法4 共用スペースを賢く使え! マンションならではの施設にご注目。

マンションの魅力は、自分のお部屋だけではなく住人なら誰でも使える共用施設にもあります。豪華なゲストルームやキッチンつきのパーティールーム、ライブラリーやジムがあるマンションも、タワー物件などで増えているんですって。なかには音楽スタジオやプールなどがあるマンションも…!!
マンションでは「共用施設も自分のおうち」と考えて、コンパクトなお部屋を買って、その延長線として共用施設を使いこなすのもひとつの手ですよね。ゲストルームに、家族や友人を招待しておもてなしするのは密かな憧れです。

攻略法5 もったいない!○○なしのマンションギャラリー見学

攻略法5 もったいない!○○なしのマンションギャラリー見学

予約なしでいらっしゃるお客様も大歓迎ですが、いらっしゃるタイミングやマンションギャラリーによっては、予約がないお客様をご案内できない場合も…。事前にお電話やWEBサイトでご予約いただいたほうが、スムーズに見学できて、営業マンから丁寧な接客が受けられますよ。

おうちえらびでは、知らないと損する落とし穴がいっぱい!
マンションギャラリーって建物自体はよく目にするけど、実際に行ったことがある方は意外と少ないのではないでしょうか?5つのポイントを知って足を踏み入れれば、一味違った視点で楽しめるかも。
最近、急速に仲を深める、沼越さんと理子さんと阿久津さん。3人のやりとりに思わずほっこりな気持ちになっている人も多いのでは?「プリンセスメゾン」は「やわらかスピリッツ」にて無料で読めちゃいます。沼越さんは無事に理想のおうちに出会えるのか?!「プリンセスメゾン」からますます目が離せません!

プリンセスメゾンを読む

池辺 葵

漫画=池辺 葵

2009年、「落陽」でデビュー。その後、洋裁店で働く女性を主人公とした「繕い裁つ人」の連載を開始。同作は2015年1月に実写映画が全国公開。主な作品に、喫茶店を舞台とした群像劇「サウダーデ」(講談社)、老婆の夢と現実を描いた傑作「どぶがわ」(秋田書店)など。等身大の女性の描き方に定評がある。

「モチイエ女子project」公式Facebookページ「モチイエ女子Park」
PAGE TOP