CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

敏腕営業マン・伊達さんが教える 不動産購入 基礎知識編

攻略法1 徒歩●分はどこからどこまで?

攻略法1 徒歩●分はどこからどこまで?

おうちえらびの条件で、最寄り駅までの所要時間にこだわる方も多いのではないでしょうか?実は徒歩○分というのは、「不動産の表示に関する公正競争規約」に基づいて道路距離を分速80mに統一して計算しています。算出された時間には信号や踏切での待ち時間は含まれません。
また、最寄り駅までの距離は、マンションでは自宅の玄関からではなくエントランスからであったり、駅も改札からではなく、マンションに最も近い入り口からで算出されています。電車に乗るまで何分かかるかは、実際にご自身の足で歩いて確認されることをおすすめします。

攻略法2 月々の支払いはローン返済以外にも生じます

攻略法2 月々の支払いはローン返済以外にも生じます

ご購入にあたり資金計画を立てる際、つい月々のローン返済額に着目しがちですがマンションを購入されますと、月々のお支払いとして管理費や修繕積立金などが別途生じます。また、新たに固定資産税などの支払いも発生しますので、資金計画を立てられる際は細かくチェックすることをお勧めします。

攻略法3 営業マンを賢く使ってください

攻略法3 営業マンを賢く使ってください

初めてお会いするお客様とは、初めに記載いただくアンケートをもとに、お話を進めていきます。アンケートの内容は、お金のことやお仕事のことなど踏み込んだ質問が多いのですが、できるかぎりお答えいただいた方が、ご要望にあったお部屋を紹介したり、解決策をご提案したりすることができます。
また、営業マンはWEBサイトなどで公開されていない情報も保持しております。ご質問やご要望はご遠慮なくお申し付けください。

攻略法4 安い住戸には訳があります。お部屋の値段の決め方について。

攻略法4 安い住戸には訳があります。お部屋の値段の決め方について。

新築分譲マンションの住戸の値付けは、方位、階数、眺望などで決まります。高い値段がつくのは、たとえば、南向き、最上階、前に建物などがなく眺望が抜けている住戸等。(富士山が見える部屋は高くなったりもします。)
裏を返すと、北向き、低層階、前に建物がある住戸は安く値付けされるということになります。そのような住戸でも、仕事で夜しかお部屋にいないなどで、ご自身が気にならないのであれば、その方にとってはお買い得住戸だと言えます。

攻略法5 本当に怖いクレジットカードの返済滞納

攻略法5 本当に怖いクレジットカードの返済滞納

カードローンの返済滞納は、個人信用情報機関に「返済能力がありません」と申告するようなものです。滞納は個人信用情報に事故情報として記載され、一定期間抹消されません。複数回延滞を繰り返すと、住宅ローンが組めなくなる場合もあります。
また、スマートフォンの端末代金の分割契約も要注意です。高価な携帯端末の分割契約も、いわゆる「ローンを組んだ」借入になるので、住宅ローンを組める金額が減額される場合があります。近い将来、住宅ローンを組むことを考えられているのなら、くれぐれもご注意ください。

おうちえらびでは、知らないと損する落とし穴がいっぱい!
いざ、買おう!と思ってからでは、手遅れなことも…。あなたは5つのポイントいくつ知っていましたか?
クールなはずの伊達さんも、なぜか沼越さんのおうちえらびは、なにかと気にかけている様子。ますます目が離せない「プリンセスメゾン」は「やわらかスピリッツ」にて無料で読めちゃいます。沼越さんは無事に理想のおうちに出会えるのか?!「プリンセスメゾン」、乞うご期待です。

プリンセスメゾンを読む

池辺 葵

漫画=池辺 葵

2009年、「落陽」でデビュー。その後、洋裁店で働く女性を主人公とした「繕い裁つ人」の連載を開始。同作は2015年1月に実写映画が全国公開。主な作品に、喫茶店を舞台とした群像劇「サウダーデ」(講談社)、老婆の夢と現実を描いた傑作「どぶがわ」(秋田書店)など。等身大の女性の描き方に定評がある。

「モチイエ女子project」公式Facebookページ「モチイエ女子Park」
PAGE TOP