CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

  • お役立ち記事リンク・メルマガ
  • モチイエ女子コンシェルジュ
  • モチイエセミナー
  • レコメンド物件
  • モチイエ女子流!中古リノベ
  • ココが知りたい!モチイエキーワード
  • 先輩モチイエ女子の本音アンケート
がっつり中古リノベ

1から自分の思う通りに、徹底的におうちにこだわりたいあなた。そんな先輩たちの暮らしぶりや、
誰もが抱く疑問をチェック!

経験者は語る!中古リノベ ホントのトコロ
  • がっつり中古リノベさん Tさん

    3LDKの間取りを1LDKに。
    窓以外はほぼフルリノベ。

  • がっつり中古リノベさん Kさん

    2LDKの間取りを1LDKに。
    赤い床は自分で塗装!

  • がっつり中古リノベさん Aさん

    テラスがリビングに面した間取りに
    なるよう、2LDKを1LDKにリノベ。

Qリノベしようと思ったきっかけは何ですか?
  • ずっと「東京R不動産」のウェブサイトを閲覧していたので、リノベ物件の自由さと、バブル以前に建てられたマンションの条件のよさ(立地など)に注目していました。

  • もともとインテリアやDIYが趣味で、インテリア系の雑誌をよく見ていました。昔から、ピカピカツルツルにコーティングされたものよりも、素材感がむき出しになったようなものが好きで、新築マンションにある豪華最新設備は私には不要だと感じていたので、中古物件をリノベーションするという選択肢を知った時は、「これだ!」と思いました(笑)

  • 「リビングに面したテラスが広いこと」が第一条件でしたが、選んだ物件はテラスは広かったものの、ベッドルームに面していました。そこで、ベッドルームをつぶして2LDKを1LDKにリノベーションしようと、瞬時に考えました。

Q中古リノベでくじけそうになった瞬間、投げ出したくなったことはありましたか?
  • 設計士と施工会社を別々にして、施工会社は各社から見積もりを取り、コストで選びました。そのせいか、現場監督が新卒のような若者だったため、段取りが悪く、一部、思い通りのリノベをあきらめる結果となってしまいました。

  • 天井や床を剥がしてみないとわからない部分があるので、事前の設計通りにいかないことが多々あります。「天井を剥がしたら、照明レールを付ける予定の箇所に梁があります。どうしましょう」、「トイレを取り外したら中の配管がボロボロで、直すのにプラス15万かかります」などと、仕事中に電話がかかってきて絶え間なく決断を迫られることも。その度に予定外の出費が掛かかり、何度も「ああ〜身の程知らずのことに手を出しちゃった」という気持ちになりました…(笑)

  • まったくありません、最高に楽しかったです。

Qリノベに際して、発生したハプニングやトラブルがあれば教えてください。
  • 中古物件は、何度かリノベされていることもあり、建設当時の設計図と実寸が違っていることがあります。私の場合は、キッチンと通路の間の壁が、設計図のサイズと合っていませんでした。でもそのまま、施工会社が設計士に相談せずに適当な場所に壁を作ったため、壁ができた後、そのサイズだと冷蔵庫の扉と食洗機の扉が100%開かないことが発覚。一度作った壁を取り壊して再度作り直しました。

  • 職人さんが休みの日に、部屋を見に行ったら、ベランダがおしっこ臭いことに気づきました。リノベ会社に問いただしたら、職人さんがそこで用を足していたことが判明。厳重にクレームし、施工会社の社長から正式な謝罪がありましたが、気分的にはショックでした。慰謝料として予算超過分の工事代金を半額にしてもらい、かつメニューになかったベランダの防水を無料で追加してくれたので、痛し痒しといったところでしょうか。

  • 予算オーバー。でも本当に要る時には、どこからともなくお金が出てくるものです。

Qリノベをするにあたってお部屋のテーマやコンセプトはありますか?
  • 北欧×和。

  • 時間が経って傷がついたり古くなるほどに格好良くなる部屋。

  • ロングアイランドの別荘。

Qリノベをするときに参考にしたものありますか?
  • 東京R不動産、Relife、中古マンションの選び方を参考にしました。

  • 主に雑誌です。LIVES 、CASA BRUTUS、ELLE DECO、FIGARO、anan 、PLUS 1 LIVINGなど。お気に入りの赤い床は、海外アーティストの家を真似てみました。

  • Pinterestで検索した、美しい家の情景や、リゾートで泊まった部屋の景色の記憶を参考にしました。また、Sex and the cityで、失恋したキャリーが気分転換に壁を「egg shell」というペンキで塗りかえるのですが、これがとても素敵な色だったのが忘れられず、壁紙はこれを手がかりに探して決めました。玄関は鎌倉の叔父の家を参考に、底上げしてタイルを貼ってフラットにしました。

Qリノベしたおうちを見た周囲の反応はいかがでしたか?
  • とても好評です。賃貸のときよりも、頻繁に人を自宅に招くようになりました。

  • 「マンションの外観からは想像つかない!」と言われます。

  • 「あなたらしいね」「居心地がいいね」と言われます。ロングアイランドのつもりだったのですが、「ハワイっぽい」とよく言われます。

Qリノベしてよかったな~と思う瞬間はどんなときですか?
  • 疲れて帰ってきたときに、自分の気に入っているものだけに囲まれてぼーっとできるのは贅沢なことだと思います。

  • 家の中にキライなものがない、全て自分で選んだものだと思う瞬間は、リノベしてよかったなと思います。実はこの部屋を今年売却したのですが、事前の査定額よりもやや強気で値付けしたにも関わらず、満額で売却できました。購入時に配管から天井裏までスケルトンリノベしているというのがプラス評価になったと思っています。

  • ソファに座って、グリーンに溢れた美しいテラスを眺めているときや、パーティで友達が楽しそうにしているときは、リノベをしてよかったなと思います。

Qリノベをする上で、ここだけは気をつけた方がいい、というポイントがあれば教えてください。
  • 施工会社の担当者は、10年以上現場を経験したことのある人が良いです。設計士や施工会社を選ぶときは、ネットや雑誌の情報を鵜呑みにしないで、面識のある人から情報を収集したほうがよいと思います。

  • 天井や床を剥がしてみないとわからないことがあるので、15〜10%くらい予算オーバーすることを見越した計画にしておいた方がいいです。あと、リノベ後に住んでみて「ここはこうすべきだった!」と思うこともあるので、最初から満点を目指すより、住みながら完成させるくらいのイメージで気楽に考えるのをお勧めします。

  • 自分のセンスを磨いておくこと! いろんな雑誌や写真をたくさんたくさん見て、これが好きだという「自分のこだわり」を脳内に残しておくといいと思います。

Q今のおうちは完成度でいうと何%ですか?
  • 70%

  • 95%くらい?

  • 100%

Qもう一度おうちを買うとしたら新築と中古リノベどっちがいいですか?
  • 中古リノベ。今の日本で新築のマンションを買う理由が、私にはない。

  • 家は3回建ててやっと思い通りのものが出来ると言いますし、あと2回くらいは中古リノベをやってみたいです。次回は戸建で!

  • 中古リノベ。でもこんなに情熱を掛けられるかどうかは…わかりません。

Q中古リノベが向いているのはどんな人だと思いますか?
  • 自分が何が好きか、自分は何を大切にしているかが、はっきりとわかっている人。同時に自分にとって何が必要でないか、何がいらないかもはっきりわかっている人。限られた予算の中で、とにかく自分が気持ちよく過ごせる空間を作るためには、お金をかけるところと、切り捨てるところのメリハリが必要だ思うので。

  • それなりに部屋やインテリアに思い入れがあり、自分の欲しい部屋のイメージがはっきりあり、新築の「よくある内装」がピンとこない人。かつ欲しい部屋を手に入れるためなら、ある程度お金や時間をかけることに価値を見出せる人。そうでない人なら、新築で買う方が圧倒的にカンタンです。

  • 自分のスペースを居心地よくするのに、面倒がらない人だと思います。

疑問や不安の多い中古リノベ

自分で1から考えてつくる
なんて、本当にできるの?

設計・工事など、
いろいろな業者に頼むと、
トラブルも多そう…

おうちって、かっこいい
見た目だけにこだわってて、
いいのかな?

リノベ後や将来のことも、
まとめて相談できる
相手がほしい!

そんな時は!三井のリフォームにおまかせ!
  • まずはリノベの基本をわかりやすく説明するセミナーや個別相談会、リノベの様子を体験できる現場見学会などへのご参加をおすすめします。ご要望やお悩みに合わせたアドバイスをいたします。

  • プロジェクトチーム制でご対応。プロジェクトマネジャーを中心に、どんなおうちにするのかのご相談の段階から、実際の施工、新しい生活が始まるまでを1つのチームで最初から最後までサポート。 こまかな情報共有により、お客様の負担を最小限に、スムーズなリフォームを実現!ご要望によっては、女性だけでチームを組むことも可能なので安心です。

  • 部屋のデザインだけでなく、女性の暮らしに寄りそった過ごしやすい部屋のご提案もいたします。建築士である女性リフォームプランナーが対応するため、安心してお任せいただけます。

  • 工事の手配だけでなく、照明やカーテンなど部屋の印象を大きく左右するインテリアのご提案もいたします。
    ご希望であれば一緒に家具店を巡ることも!

  • 見た目のかっこよさばかりを追求してしまうと、室内環境の悪い部屋になってしまうことも。住宅としての基本性能 (断熱、遮音、風通り、採光、動線、防犯性など)をしっかり設計して、見た目も環境も良い部屋を実現します。

  • リノベが完了したら、そこでおしまいではなく、定期点検や会報誌のご送付などのアフターサービスまでお付き合いが続きます。 住まいに関して、製造・販売・賃貸・アフターサービスまで一貫して手がけている三井不動産グループならではのバックアップをご用意!

三井のリフォームならこんなおうちを実現します!

74.34㎡を、元の内装をすべて取り除いてスケルトン状態にしてから、まったく新たな間取りにして、新たな内装をほどこしました。

モチイエ女子コンシェルジュ TEL:0120-321-242 午前10時~午後5時(水・木・夏季・年末年始除く)
「モチイエ女子project」公式Facebookページ「モチイエ女子Park」
PAGE TOP