CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

    女子イエナカ研究所

    「女子イエナカ研究所」とは、女子の“家の中での生活実態”を調査している機関。日本全国、数多くの女子がいるが、男子はもちろん、女子ですら自分以外の女子のイエナカ生活を知らないのが実情…。普段、会社や友達には見せないイエナカでの女子の実態をさぐることは、すなわち、女子本来の魅力をさぐることなのである。女子イエナカ研究所の研究員3名は、全員女性。家の住み方も、性格も異なるこの3人が、ベールに包まれた女子のイエナカ生活をつまびらかに報告する。

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    イヤなことがあっても寝ればリセットできるタフさと明るさを持っている。滅多なことでは怒らない大らかな性格。30歳のとき、家でゴキブリを発見したことを機に引っ越しを決意し、賃貸ではなく家を購入。

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    後輩からも先輩からも頼られるしっかり者。仕事が楽しくて仕方ない時期を迎え、毎日忙しく過ごしている。悩みを人に相談することはあまりしないタイプ。でも実は寂しがり屋。今住んでいる賃貸マンションのお風呂が狭いことがちょっと不満。

    【 実家暮らし 研究員 】

    【 実家暮らし 研究員 】

    マイペースな性格で、読モ経験があるほど可愛い。意外としっかり者で、物怖じすることなく、思ったことはズバズバ言えるタイプ。日本酒が大好き。実家在住で、両親と弟との4人暮らし。実家には結婚するまでいるつもり。

    【 賃貸DINKS暮らし 研究員 】

    【 賃貸DINKS暮らし 研究員 】

    小学校よりあらゆる運動部を経験してきた体育会系女子。サバサバとした決断力のあるタイプ。性格が正反対の優柔不断なパートナーと27歳で結婚。同棲していた賃貸マンションにそのまま住み続けている。女子イエナカ研究所に最近転職。前職は旅行関係。

    • 第一部
    • 第一部

    第二部 「理想の暮らし篇」目次 第Ⅳ期

    第二部 調査会議 議事録

    イラスト=まずりん

    第一章

    「オーブンを使ったグリル料理」は、全ての居住形態で「得意になりたい料理」のスコアが「現在の得意料理」と答えたスコアよりも高く、今後得意になりたい料理として人気のある様子がうかがえる。一方「フライパン1つで作れるワンプレート料理」は、全ての居住形態で「現実の得意料理」のスコアが「得意になりたい料理」のスコアよりも高く、現在最も得意とされている様子。総じて、時間をかけたこだわり料理を得意にしたい一方で、実際の生活では手際よく料理をつくるスキルが磨かれているものと思われる。実家女子は他の居住形態に比べて、「理想の得意料理」の方がスコアが高く、現実では得意料理があまりない様子がうかがえる。

    「オーブンを使ったグリル料理」ってなんですか?クリスマスの七面鳥とか?(無縁すぎて分からん…)

    お肉と野菜に塩コショウしてオーブンで焼くだけでおいしい!みたいなレシピをよく見るので、意外と楽チンな料理のイメージあります。放っておけば良さそうだから作れるようになりたいんですけど、なかなかどうして設備が…。

    ウチはオーブンあるけどあんまり使わないかな。もう胃袋が待ってくれない。おいしいものをイチ早く食べたい!

    分かります、帰って10分以内に作れるレシピのレパートリーは増やしたい。

    その上お酒に合うやつ。

    いいですね〜!あり合わせでパパッとおいしいもの作れるって、デキる女って感じです!さすがお二人!

    おだてても、何もでないぞ。

    そういえばデスクにもらいものの日本酒が…

    実原ちゃん、今日ウチくる??

    第二章

    全ての居住形態において、手洗いしたい理想のものは「下着(ブラジャー)」が最も高い結果となった。一人暮らし女子では40%以上が手洗いを理想としているものの、現実で手洗いしているのは10%程度にとどまっている。「下着(パンツ)」については、モチイエ女子を除くすべての居住形態で20%以上が手洗いを理想としているが、モチイエ女子は10%程度と、あまりパンツへの執着がない様子がうかがえる。現実に手洗いをしているスコアは多くの項目で実家女子のスコアが目立っており、手洗いするべきものについてはきちんと対応している様子がうかがえる。下着以外の手洗いの洗濯は同居の母親が担っている可能性も推察される。一方でモチイエ女子は、現実にも理想にも手洗いしたいものが「特にない」が他の居住形態に比べても最も高く、洗濯機やクリーニングを活用した洗濯を行っているか、そもそも無頓着なものと思われる。

    ブラジャーはともかく、パンツ手洗いってどういうこと??

    生地にも優しいし、洗濯機で洗うより汚れもキレイに落ちるんですよ、やったことないけど。

    お風呂に入るときに一緒に洗っちゃうとラクだし、いいですよ。下着をいたわるんです、「今日もお疲れさまー」って。

    それは前、ブラジャーのときも言ってたけど、まさかパンツもとは。 (→第Ⅰ期第二部報告の「独身女子の下着の着用・洗濯実態」はコチラ

    デパートでちょっとお高めの下着を手に入れた時とか、買ったばかりの頃はなんとなく手洗いしてみることもありますけど、続くわけがない。

    下着に限らず、手洗いほとんどしないなー、迷わずクリーニング!プロ最高!

    プロに任せてストレス減らすのは、家事分担的にもめっちゃ大事です。

    第三章

    暮らしの中で最も大切にしたい時間について、いずれの居住形態でも「睡眠」が最も高く、次いで「食事」「趣味」の順。「仕事」においては、モチイエ女子のスコアが他の居住形態に比べて頭一つ抜けて高い結果に。モチイエになったこともあり、仕事へのモチベーションが高い様子がうかがえる。

    27才を過ぎたあたりから、睡眠の尊さをむちゃくちゃ感じますね。うっかり4-5時間睡眠とかになると、翌日ボーっとしちゃう。

    徹夜した日は、2-3日使いものにならないよね!最近はさすがにどんなに仕事溜まってても自分の睡眠欲優先するようになったけど、昔はよく徹夜したもんだ。

    ワタシはやっぱりご飯の時間ですね!死ぬ時も、絶対に空腹の状態では死なないって決めてるんです。お腹いっぱいおいしいもの食べてから、幸せな気持ちでこの世を旅立ちます!(笑)

    一緒にご飯食べてくれる人がおウチにいると、やっぱり食事の時間は大事にしたくなりますよね。

    コラ、誰が一人じゃ。

    仕事はみんな案外低いんだね、わたしは稼がにゃいけませんからね!もりもり働きますよー!

    女子イエナカ研究所調査 第Ⅳ期 第二部 「理想の暮らし篇」篇 調査概要

    本調査報告内で紹介されている“独身女性”についての考え方

    “独身女子”として紹介されているスコアは、本調査によって得られた結果をウェイトバックして算出した。サンプル数の関係上、エリアは「東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県」に限定している。

    ※本調査報告内での持田研究員、仁見研究員、実原研究員の発言は個人的な見解であり、それぞれが「モチイエ女子」「一人暮らし女子」「実家女子」「DINKS女子」の代表性を担保したものではありません。

    PAGE TOP