CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

    女子イエナカ研究所

    「女子イエナカ研究所」とは、女子の“家の中での生活実態”を調査している機関。日本全国、数多くの女子がいるが、男子はもちろん、女子ですら自分以外の女子のイエナカ生活を知らないのが実情…。普段、会社や友達には見せないイエナカでの女子の実態をさぐることは、すなわち、女子本来の魅力をさぐることなのである。女子イエナカ研究所の研究員3名は、全員女性。家の住み方も、性格も異なるこの3人が、ベールに包まれた女子のイエナカ生活をつまびらかに報告する。

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    イヤなことがあっても寝ればリセットできるタフさと明るさを持っている。滅多なことでは怒らない大らかな性格。30歳のとき、家でゴキブリを発見したことを機に引っ越しを決意し、賃貸ではなく家を購入。

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    後輩からも先輩からも頼られるしっかり者。仕事が楽しくて仕方ない時期を迎え、毎日忙しく過ごしている。悩みを人に相談することはあまりしないタイプ。でも実は寂しがり屋。今住んでいる賃貸マンションのお風呂が狭いことがちょっと不満。

    【 実家暮らし 研究員 】

    【 実家暮らし 研究員 】

    マイペースな性格で、読モ経験があるほど可愛い。意外としっかり者で、物怖じすることなく、思ったことはズバズバ言えるタイプ。日本酒が大好き。実家在住で、両親と弟との4人暮らし。実家には結婚するまでいるつもり。

    【 DINKS 研究員 】

    【 DINKS 研究員 】

    マイペースな性格で、読モ経験があるほど可愛い。意外としっかり者で、物怖じすることなく、思ったことはズバズバ言えるタイプ。日本酒が大好き。実家在住で、両親と弟との4人暮らし。実家には結婚するまでいるつもり。

    • 第一部

    第一部 「住まいへの不満」目次 第Ⅳ期

    第一部 調査会議 議事録

    イラスト=まずりん

    第一章

    総じて、モチイエ(モチイエ女子/実家女子)と賃貸(一人暮らし女子/DINKS女子/実家女子)で差が出た結果。賃貸の方が、帰宅後のガッカリポイントのスコアが高い。同じ賃貸の中でも、一人暮らし女子は「空気のこもり」「家の温度・湿度」「湯船のせまさ」など室内環境に関わる項目のスコアが目立ち、パートナーと同居しているDINKS女子は「夕食の自炊」「流しにたまった食器」「洗っていない洗濯物」など、家事周りのスコアが目立つ印象。パートナーとの役割分担によるストレスが発生していると推察される。実家女子は総じてスコアが低い。家のことは家族がしてくれるため、そもそもガッカリするきかっけが少ないものと思われる。

    こちら今回からイエナカ研究所に入った、DINKS女子の双葉さんです~。

    どうぞよろしくです!同い年の夫と賃貸2DKに暮らしてます。
    ウチかなり狭くて、そろそろモチイエになりたいんですよね!

    この結果でも、モチイエと賃貸の差、如実に出ましたね。湯船がせまい&家に空気がこもるは、賃貸あるあるです。

    モチイエ女子は、室内環境に関する不満はあまりないみたいですね。

    そだね、それより疲れて帰った時の自炊ストレスの方があるかな。
    洗濯物は、浴室乾燥機があるから溜まりすぎて気になる前に洗ってすぐ干せるのよね。

    食器や洗濯物は、同居人がいると「え、これこっちの仕事?」って気持ちが出てくるからついほったらかしちゃうんですよねぇ…。で、溜まる。相手への不満も溜まる。

    私はどのガッカリポイントも全然ピンとこないですねー。家はキレイだし、洗濯物も溜まらないし。

    いや、あなたは家にハイパーお母さんがいるからでしょ。

    (テヘペロ)

    第二章

    モチイエ女子の6割以上、一人暮らし女子の5割以上が自宅に人を泊めないと回答。パートナーと同居するDINKS女子は、いびきへの不満が最も高く、一緒の部屋で眠っている様子がうかがえる。また、1割以上のDINKS女子は、皿洗いの役割分担についてもパートナーとモメることがある様子。実家女子は朝の「トイレ」「洗面所」の取り合いに不満がある様子。自分の家庭内における生活動線を邪魔されることが不満な様子がうかがえる。

    イビキめっちゃ分かります…!2階の私の部屋の真下で両親が寝てるんですけど、夜中に地響きがあって何かと思ったら、お父さんのイビキだったんです…!

    アタシも壁一枚隔てた、となりの住人のイビキが聞こえてくることある。(壁の薄さよ…)

    床一枚、壁一枚あるだけ全然いいですよ!同じベッドだとダイレクトですからね!

    隣で地響きはつらいね…。

    こないだ持田さんちに泊まった時、持田さんちょっぴりグーグーしてましたよっ!

    えっ!嘘っ!

    実は、アタシも聞いたことあります。カワイイやつでしたけど。

    おっと…。聴いてしまったか、わたしの天然BGM…。
    フフフ…聞かれてしまったからには、もう我が家に泊めることはできないわね…

    何も聞いてません!

    第三章

    モチイエ女子は「交通量の多さによるうるささ」、一人暮らし女子は交通騒音とならんで「近所の通行人によるうるささ」、実家女子は「駅の遠さ」にそれぞれ最も不満を持っている様子。モチイエ女子は、交通の便に良いところに住んでいることならではの不満だと思われる。一方、DINKS女子については抜きんでて高い不満の項目は見られない。住居を選ぶ時点で、そもそも立地や周辺環境を重視して選んでいるものと推察される。

    モチイエ女子の不満は「駅や大通りの近くに家があるから」ならではですよね。
    ウチなんて駅から遠い「陸の孤島」すぎて、車や電車の音はまったく気になりません。

    確かに、窓開けた時に少し気になるかな。

    ウチは、窓閉めてても、隣の家に人が大勢来たとき分かります。
    いつかのクリスマスに、こっちは一人なのに、音楽に合わせて大勢でガヤガヤしてるのが聞こえたこともあったな。

    それはうるさいというより、寂しいですね…。

    立地が悪いと喧嘩のタネなので、ウチの場合は家選びの時、立地に一番こだわったんですよね。
    なんでワタシの方が会社から遠くなきゃいけないんだ!ってなっちゃう。

    共働きが普通の時代だから、その辺は重要だよね。

    女子イエナカ研究所調査 第Ⅳ期 第一部 「住まいへの不満」篇 調査概要

    本調査報告内で紹介されている“独身女性”についての考え方

    “独身女子”として紹介されているスコアは、本調査によって得られた結果をウェイトバックして算出した。サンプル数の関係上、エリアは「東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県」に限定している。

    ※本調査報告内での持田研究員、仁見研究員、実原研究員の発言は個人的な見解であり、それぞれが「モチイエ女子」「一人暮らし女子」「実家女子」「DINKS女子」の代表性を担保したものではありません。

    PAGE TOP