CLOSE

「モチイエ女子」、ありだと思う。

つい最近まで、女性がひとりで家をもつって
ごく少数派で、ちょっと変わってると思われていた。
マイホームをもつことは、家族の幸せと考えられていた。

いったい誰がそんなことを決めたんだろう。

女性が家をもつって、あんがいあたりまえじゃない?

そんな声が聞こえてきそうなほど、
今、ごくフツーの女子たちが、じぶんの家を買う時代になっています。

家というホームグラウンドを手に入れ、
これまで以上にパワフルに、イキイキと輝いてる「モチイエ女子」。

そんな新しい女性たちが増えれば、この国はもっともっと元気になるから。
なによりそんな未来が、素敵でおもしろそうに思うから。
私たちはこの「モチイエ女子project」を通し、
その生き方、あり!と宣言します。

モチイエ女子web

    女子イエナカ研究所

    「女子イエナカ研究所」とは、女子の“家の中での生活実態”を調査している機関。日本全国、数多くの女子がいるが、男子はもちろん、女子ですら自分以外の女子のイエナカ生活を知らないのが実情…。普段、会社や友達には見せないイエナカでの女子の実態をさぐることは、すなわち、女子本来の魅力をさぐることなのである。女子イエナカ研究所の研究員3名は、全員女性。家の住み方も、性格も異なるこの3人が、ベールに包まれた女子のイエナカ生活をつまびらかに報告する。

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    【 モチイエ女子 主任研究員 】

    イヤなことがあっても寝ればリセットできるタフさと明るさを持っている。滅多なことでは怒らない大らかな性格。30歳のとき、家でゴキブリを発見したことを機に引っ越しを決意し、賃貸ではなく家を購入。

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    【 賃貸一人暮らし 研究員 】

    後輩からも先輩からも頼られるしっかり者。仕事が楽しくて仕方ない時期を迎え、毎日忙しく過ごしている。悩みを人に相談することはあまりしないタイプ。でも実は寂しがり屋。今住んでいる賃貸マンションのお風呂が狭いことがちょっと不満。

    【 実家暮らし 研究員 】

    【 実家暮らし 研究員 】

    マイペースな性格で、読モ経験があるほど可愛い。意外としっかり者で、物怖じすることなく、思ったことはズバズバ言えるタイプ。日本酒が大好き。実家在住で、両親と弟との4人暮らし。実家には結婚するまでいるつもり。

    • 第一部
    • 第二部

    第二部 「イエナカ時間使用実態報告」目次 第Ⅱ期

    第二部 調査会議 議事録

    イラスト=まずりん

    第一章

    項目別に支出を調査したところ、モチイエ女子は内食にかけているお金が他の居住形態の女子に較べて最も高く、2.3万円であった。また他の居住形態では内食費0円と回答したサンプルもいたのに対し、モチイエ女子は全員が一定の金額をかけており、モチイエ女子の自炊率の高さがうかがえる。実家女子はファッションにかけているお金が他の居住形態の女子に較べて最も高く2.4万円であった。可処分所得が高い実家女子の実態がうかがえる。また、モチイエ女子は株・外貨預金・NISA・FXなど一定の知識が必要な金銭の運用経験率がいずれの項目でも最も高い結果。特に、個人年金の経験率は突出して高く、これは家を買うタイミングで自分の人生におけるキャッシュフローを見直したモチイエ女子が多いからと思われる。

    ◆  自己投資、モチイエ女子は胃袋に。実家女子は外見に。 ◆

    モチイエ女子の自炊率100%はさすがの結果ですね。お金と時間かけて、美味しいものおウチで楽しんでそうですー!

    食べ物だけじゃなくて、お酒もね(ニヤ)

    アタシの一人暮らしの友達なんて、1回もコンロつけたことなくて、コンロが帽子置き場になってる子いるよ。

    帽子といえば、実原ちゃん今日の帽子おニュー?

    えへへ。かわいいから、色違いで3つ買っちゃいました♪

    (どこからそのお金が…)

    ◆  モチイエは、人生のキャッシュフローを見直すタイミング?将来にしっかり積み立てるモチイエ女子  ◆

    外貨預金・NISA・FX…単語の意味からすでにわかりません…。

    私も個人年金はモチイエになったタイミングから始めたなー。モチイエになるときって自分の人生のキャッシュフローをしっかり見直すから、自分のこれからについても結構意識的になるのよね。

    わたしも実は個人年金しててー。強制的にお給料から引かれてコツコツためられるから、仁見センパイみたいに気づいたらお金どこいったの!?って人におすすめです!

    うるさいわ!

    第二章

    いずれの居住形態においても、おろす金額のボリュームゾーンは1万円以上~2万円未満。1回あたりに2万円以上おろすのは、モチイエ女子で5割弱、一人暮らし女子で4割強、実家女子で7割弱と実家女子が最も多い結果だが、10万円以上ではモチイエ女子が最も多い
    お金をおろそうと思う財布の中の残高は、居住形態別に見てモチイエ女子と実家女子が5000円~2万円未満がボリュームゾーンであるのに対し、一人暮らし女子は~2000円未満。一人暮らし女子はかなりギリギリにならないとおろさないともとれるが、少ない金額でも毎日やりくりできていると推察される

    これはわかる。この間ランチに行った時、店に入ったあとに財布の残金に気づいて、頼んでしまったメニューが税込みだったらセーフ、税抜きだったらアウト!みたいなことあった…。

    同じ、同じ。細かいのが欲しいから、千円札両替でおろすんだけど、そうすると万札よりも気前よく使っちゃって、気づいたらお財布の中身カラなんだよね。

    わたしは1回10万くらいおろすんですけど、

    ……!!

    それを家においといてちまちま使ってくんです。実家の周りが微妙にコンビニ少なくて、何度も下ろしに行くの面倒なんですよー。

    確かに困ったらすぐコンビニ行けちゃうよね。

    もはやコンビニ=銀行兼冷蔵庫兼洗面所の下の戸棚みたいなところありますよね。

    第三章

    ファン支出経験について、「かなりのお金を使ってきた」「まあまあお金を使ってきた」の合計スコアは、女性歌劇団・声優・アニメのいずれも実家女子が最も高い結果となった。実家女子の可処分所得の高さがうかがえる。それに対し、男性アイドルについては、支出経験に居住形態別の大きな差はみられなかった。どのような居住形態においても、一定のファンがいるという男性アイドルのパワーがうかがえる。

    実家の自分の部屋の天井に、男性アイドルのポスター確かに貼ってた。

    仁見センパイ意外です!

    この間友達に連れられて、生まれて初めて羽背負って階段を下りてくるスターを見たわけだけど、まぁ射抜かれたね。

    わたし恐くて見に行けないですよー。絶対ハマりそうだもん。

    ハマったら、すごいつぎ込むんだろうねぇ、実原ちゃん。

    高可処分所得者ですからね、わたし。(ニコ)

    女子イエナカ研究所調査 第Ⅱ期 第二部 「イエナカ時間使用実態報告」篇 調査概要

    本調査報告内で紹介されている“独身女性”についての考え方

    “独身女子”として紹介されているスコアは、本調査によって得られた結果をウェイトバックして算出した。サンプル数の関係上、エリアは「東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県」に限定している。

    ※本調査報告内での持田研究員、仁見研究員、実原研究員の発言は個人的な見解であり、それぞれが「モチイエ女子」「一人暮らし女子」「実家女子」の代表性を担保したものではありません。

    PAGE TOP